住工房プラスアルファ

ゼロエネルギー住宅

消費するエネルギーは自分で生み出す時代

「自家発電ができたらいいな」

そんな希望を実現するのが「ゼロエネルギー住宅・ネットゼロエネルギーハウス」です。

ゼロエネルギー住宅・
ネットゼロエネルギー
ハウスとは?

断熱効果を高めることで、家のなかで消費するエネルギーを削減し、太陽光発電などによってエネルギーを自宅で生み出し、1年に消費するエネルギーをゼロにする仕組みです。

「ゼロエネルギー住宅・
ネットゼロエネルギーハウス」の仕組み

一般的な住宅では3~4人家族の場合は1日に使うエネルギーはおおよそ500~600kwと言われています。

「ゼロエネルギー住宅・ネットゼロエネルギーハウス」の仕様に変えると削減率が20%以上になります。(家電で使用するエネルギーは計算に含まれません)
さらに、太陽光発電システムをつけることで残りのエネルギー分を自家発電し、断熱材や性能の高いサッシによって、夏は涼しく、冬は暖かい理想の住まいを叶えます。陽当たりも計算した設計なので、照明に使う電力の削減も可能です。 住工房プラスアルファの家づくりはこの「ゼロエネルギー住宅・ネットゼロエネルギーハウス」をベースにしています。

太陽光発電システムを取り入れることで、自宅で使う分の電気を生み出すことができます。電気代を減らして、環境にやさしく。太陽光発電システムのある暮らしもサポートしています。

Other Contents

佐賀・福岡で「自然素材の家づくり」なら住工房プラスアルファ

佐賀・福岡で体にやさしい家づくりをご希望されている方、赤ちゃんや子どもに安全な住まいをつくりたいという方は「住工房プラスアルファ」にお任せください。佐賀・福岡を中心に「健康で長く住める家づくり」を追求しています。最も大切にしているのは「赤ちゃん基準」。国が定めた基準よりもさらに厳しい基準でチェックし、シックハウス症候群やアレルギー、アトピーで苦しむご家族を一人でも減らしたいと考えています。そのために、無垢材のフロア、珪藻土の塗り壁、紙と木でできた呼吸する壁紙、といった体にやさしい、安心・安全の自然素材だけを使っています。木の香りとぬくもりに包まれた、快適な住まいをぜひご体感ください。